tonakai
Happyな毎日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
その他






●正規品と輸入品の違い
ドッグフードにも他の商品と同じように正規品と並行・直輸入品があります。
輸入中・後の環境(温度・時間・場所)などに違いがあります。


また、正規品は製造元が認めた正規代理店が、きちんと契約を結び、正規の手続きを経て輸入し、責任を持って販売していますので安全性を保証してくれていることになります。
正規品は品質の劣化がないように管理することが求められていたりと費用もかかるので、輸入品の方がかなり安く出回ることになります。
もし何らかの不具合が商品に生じた場合の対応で、正規品と並行輸入品とでは大きな違いが出てきたりします。




●国産フードとアメリカ産フードの違い
国産の方がいいんじゃないのか?!
そう思いますよね。


最近では、こだわりのある国産フードもたくさん出てきています。
日本とちなみにアメリカとどう違いがあるのか?
どうしてアメリカの方が進んでいる、安心できる、と言われているのか?


それは国のペットフードに対する姿勢の違いからきています。
アメリカでは連邦政府・州政府、と2つの管轄で規制されています。
原料の安全性や製造施設に関しての規制などもあり、これらは人間の食品に対しての規制と同じレベルです。
表示方法にも厳しい規制があります。
それに対して日本では、やっとH21年6月1日に「ペットフード安全法」という
ものが施行されています。


ペットの健康に悪影響を及ぼす製造、輸入や販売の禁止と、表示(製造業者名、現参考く、賞味期限、原材料など)の義務付けが定められました。
今まではそれすらの法律も無かったのです。
やっとできた法律ではありますが、この今の日本の法律だけでは、まだまだフードの品質向上には程遠いような気がします。


ちなみに、「ペットフード安全法」は2009年6月1日から施行されていますが、1年6カ月の経過措置がとられているので、実際には2010年12月に義務化となりました。





スポンサーサイト
【2011/01/28 17:34】 | [フードの豆知識]その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

tonakai

Tonakai

本日の気分は?
やった!

カテゴリー

フードの種類

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。