tonakai
Happyな毎日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お手入れについて

定期的に耳を洗浄しながら
(洗浄のやりすぎも良くありません)
少しよごれがある場合は,濡れためん棒等で拭きましょう。

・耳垢が異常にでていないか
・耳の中が赤くなっていないか
・変なニオイがしないか
チェックしましょう。


そして耳の毛は月に1回は抜きましょう。
特に耳の穴にも毛が生えており,夏場や湿気の多い梅雨時は特に注意が必要です。
異常が見られたら獣医さんで見てもらいお薬を貰うと良いでしょう。

 


毎食後歯磨きをしましょう。
(歯ブラシがやりずらい場合軍手でもOK)


その他に
・おやつなども極力硬いものを食べさせる
・歯磨き効果のあるおもちゃも伴用 等


歯石を除去するには
・全身麻酔で歯石除去の手術
・自分でスケーラーで取る
・超音波による無麻酔歯石取り 等があります。


全身麻酔はワンちゃんに負担がかかります。
自分で行うには歯を傷つける怖れがあるので注意が必要です。

危険も考えて早いうちから歯磨きの習慣をつけましょう。


         

涙やけがある場合
5%のほうさん水でマメに拭いてあげると良いでしょう。
そしてフードが合っていない場合もありますので,変えてみるのもひとつです。
添加物の無いフードに変える事により,改善される場合もあります。






お手入れとは少々違いますが
関節
子犬を迎える前に室内はすべらない絨毯やコルクマットをひきましょう。
そして爪・足の裏の毛をまめに切ってあげましょう。
負担をかけない為に,あまりジャンプさせない様にする事や体重管理も必要です。
少しでも負担を軽減できるような環境を作ってあげましょう。
フードやおやつをコンドロイチン、カルシウム、グルコサミン の入っているものにするとか
サプリメントを使用するのもひとつです。



水について
お水は常にきれいなお水を用意してあげましょう。
硬水をあげていると,結石になりやすいので避けた方がよいでしょう。
そしてドライフードの場合十分なお水が無いと,消化の際に吸収されません。
しかし普段から飲みすぎると便がやわらかくなりすぎるますし,病気の疑いもあります。


スタンダードプードルがかかりやすい病気の一つに
胃捻転がありますが,普段からできる対策として
・食事や水の位置を高くせず。床置きにして低くする
・1日の食事の回数を1回にせず。最低でも2回に分ける
・食後すぐの運動を控える
を心がけてみましょう。


なにわともあれ
わんちゃんをよく観察し
異常があったり。不安。疑問があったら
病院で相談してみると良いでしょう。




スポンサーサイト
【2011/01/30 23:40】 | [お手入れ他]耳、歯、目、関節 | トラックバック(0) | コメント(0)
その他






●正規品と輸入品の違い
ドッグフードにも他の商品と同じように正規品と並行・直輸入品があります。
輸入中・後の環境(温度・時間・場所)などに違いがあります。


また、正規品は製造元が認めた正規代理店が、きちんと契約を結び、正規の手続きを経て輸入し、責任を持って販売していますので安全性を保証してくれていることになります。
正規品は品質の劣化がないように管理することが求められていたりと費用もかかるので、輸入品の方がかなり安く出回ることになります。
もし何らかの不具合が商品に生じた場合の対応で、正規品と並行輸入品とでは大きな違いが出てきたりします。




●国産フードとアメリカ産フードの違い
国産の方がいいんじゃないのか?!
そう思いますよね。


最近では、こだわりのある国産フードもたくさん出てきています。
日本とちなみにアメリカとどう違いがあるのか?
どうしてアメリカの方が進んでいる、安心できる、と言われているのか?


それは国のペットフードに対する姿勢の違いからきています。
アメリカでは連邦政府・州政府、と2つの管轄で規制されています。
原料の安全性や製造施設に関しての規制などもあり、これらは人間の食品に対しての規制と同じレベルです。
表示方法にも厳しい規制があります。
それに対して日本では、やっとH21年6月1日に「ペットフード安全法」という
ものが施行されています。


ペットの健康に悪影響を及ぼす製造、輸入や販売の禁止と、表示(製造業者名、現参考く、賞味期限、原材料など)の義務付けが定められました。
今まではそれすらの法律も無かったのです。
やっとできた法律ではありますが、この今の日本の法律だけでは、まだまだフードの品質向上には程遠いような気がします。


ちなみに、「ペットフード安全法」は2009年6月1日から施行されていますが、1年6カ月の経過措置がとられているので、実際には2010年12月に義務化となりました。





【2011/01/28 17:34】 | [フードの豆知識]その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

tonakai

Tonakai

本日の気分は?
やった!

カテゴリー

フードの種類

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。